青が好きから始まった「青」が仕事になったストーリー

青事師の青峰です。
2012年に海外で起業をしたとき、自分自身と向きあい「青を仕事にする」と決めました。

「どうやって仕事にするのか?」というのは僕も含め「誰もわからなかった」と思います。
「それが何になるの?」「ビジネスにはならない」「辞めたら」と言われた事は数え切れず、自分の中で何度も繰り返しました。

自分の軸は常に「青」。
人生で青が無かった瞬間はないというくらい、青に囲まれて生きてきましたし自然と青が寄ってきていました。

なので「青を仕事にする」という考えは変わらずに、ひたすら「青が好きです」と言い続けた結果、だんだんと「青の人」と言われるようになっていきました。

それでも「何に繋がっていくのか」は誰にもわかりません。(僕にもわかっていません)
もちろん「青ばかりを取り扱ったお店」「青の写真専門のフォトグラファー」みたいなイメージを持っては動いていましたが、そこにたどり着く道筋があったわけではありません。(後に前者はやっている方が友人になり、後者は実現していますが)

どうしたらいいのかはわからないけど「青が好きだから仕事にする」という一点を変わらず貫き続けていました。

目次

「青好き」で世界一を目指す

青を仕事にすると決めて、1年ほど経ったとき「青が好きをより伝えるにはどうしたらいいだろうか」と考えたときに「『青好き』で検索したときに1位になれば世界一の青好きになれる(=青好きが伝わる)」と思い、やろうと決めました。

すべて自分で創った青のWebサイトに検索で1位を取れるコンテンツの制作。

知識があったわけでは無かったので僕にとってはチャレンジ。
トライ&エラーを繰り返し、とうとう9ヶ月後に1位になりました。(その時の記事はこちら

そこから2年以上「青好き」で1位でありつづけて、青好きな人との繋がりが拡がり、色々な青が集まるようになりました。
そして「青が好き」という理由で出会った人は100人以上になり「青が好きな人とは必ず気が合う」という事もわかり、青に関する知識も増えていきました。

そして「青が好き」と言い続けて仕事に繋がっていくイメージが僕の中でできあがってきたのもこの頃です。

青がキッカケで流れが生まれ出す

海外での起業は「海外で活躍する日本人を増やす」が目的で立ち上げたものでしたが「青がきっかけで知ってもらい、そこから事業に繋がる」という流れが起きていました。
全然関係のない「青」がキッカケになって「仕事」に繋がっていったのです。

でも、これは外から見ていると分かりません。
「どこに収益化出来る部分があるのか分からない」と言われたことは何度もありました。
でも、なぜか回っている。

不思議に思った人が、「私も好きを仕事にしたいと思っているのですが、どうやったら『青が好き』で形になるのですか」という事を聞いてくるようにもなりました。

で、そういう方に説明をし、行動を変えて身になっていった人も多かったのですが、僕はまだ足りないと感じていました。
それは「青自体が仕事になっていない」ということ。

僕の中では「青が仕事に繋がる」も「青が仕事」の一部ではありますが、「青そのものを仕事に」したかったので繋がりだしてからも「青を仕事にする」と伝え続け、青を軸に展開していきました。

その間にも様々な繋がりが生まれて、色々な国にも行ってシンガポールで法人を設立したりと、旅するビジネスマン的な人にもなっていました。

突然やってきた1通のメールが世界を変えた

青好きの記事が1位になってから2年後、何の前触れもなくメールが届きます。
嘘だと思い何度も文章を見返したそのメールには「ANA」の文字が。

旅をしている人が厳選した3つのアイテムを紹介する企画の依頼。
背景としてはANAさんが青を基調としたプロダクトを出すにあたり、ふさわしい人を探していて「青好き」で検索をしたときに1位であった僕のページを見ての連絡でした。

飛び上がるほど嬉しくて、すぐにでも「誰かに伝えたい」と思ったのですが「出るまで言えない」ということで、妻にだけ報告をしました。(妻も喜んでくれていました)

とにかく夢中で書き上げて、何度も推敲して仕上げ、いよいよ公開日。
2016年9月5日に「青い航空会社のANAさんから仕事をいただいた」とFacebookに投稿したところ280件以上のいいねが。

「私も自分の『好き』に生きていこうと思います」「勇気をありがとうございました」というようなメッセージも沢山いただきました。

自分の為にひたすら続けていた事が、それを見ていてくれた方々の為にもなった「青が仕事になった瞬間」でした。

それから段々と「本来の目的(心に素直に従ったやりたいこと)」にあたる「青」を引き出すことで、その人の流れが大きく変えられるようになっていき「青に生きる人を増やす」という「仕事」になっていきました。

自分にとっての「青」を続けていく事が道を創る

「青を仕事にする」と言い始めた頃と、今の僕の心は全く変わっていません。
同じように「青を仕事にする」と思い続けていますし、行動を続けています。

行動を続けていれば「イベント」が発生して、それをクリアすることで自分の青に近づいていきます。
実際「青を仕事にする準備イベント」を全て書けば何冊の本にもなるくらい沢山起きていますし、その度にやりきってきました。

プログラマーとして仕事を始めたことも、海外で華僑の人とビジネスを組み立てた事も、カメラの知識を身につけたことも、すべて「青を仕事にする」ためのモノ。

今はハッキリと言葉に出来なくても、自分の心に素直に動いている状態の「青」を続けていけば、必ずその先に道が出来ていきます。

自分にとっての青を見つける参考になれば幸いです

人生青色
好きなことを仕事にするのではなく好きなことが仕事になるという考え方。青好きを続けられるワケ | 人生青... 人生青色 青峰です。 自分の人生の成功、成幸ってよく言われますが 結局の所 好きなことを仕事にしている状態 だと思います。 仕事と書きましたが 投資からの配当で生活...
人生青色
自分の人生に名前をつける大切さと言語化の仕方について書いてみる | 人生青色 「自分のライフスタイルにキャッチフレーズがあるか」ということを問われる時代になると思っています。 自分がどんな人で、何をしようとしているのかという役割を伝えられ...
よかったらシェアしてね!

青に関することはLINEから

この記事を書いた人

青として、青へ導く仕事をしている「青が仕事の人」

真理を伝える『青言葉』と未来を繋げる『青写真』で人や会社をあるべき姿に調和しています。

生まれたときから青に惹かれ、寄ってくる体質。
青い財布に変えたことがキッカケで英語力ゼロのまま海外移住し、その記事がYahooニュースになりました。
そして「青好き」で検索1位になりANAから仕事を受けてから「青が仕事に」なっています。

コメント

コメントする

目次
閉じる